【脱毛前に確認したい8つの注意点】サロンに行く前に要チェック

全身脱毛京都ZK00

脱毛する前に注意しなければいけないポイントを徹底調査

 

脱毛する前に注意しなければいけない8つのポイントに関して詳しく説明している画像

 

1.脱毛前に確認しておきたい8つの注意点

 

『脱毛前に注意しなければいけないことは?』
『脱毛前にしちゃいけないことはあるの?』

 

脱毛が初めての方は脱毛前にしてはいけないことが良くわからない方も多いと思います。そこで、一般的に脱毛をする前にやると『脱毛効果が落ちてしまう』『脱毛ができなくなってしまう』など事前に注意したポイントを解説します。

 

 

1-1.脱毛前に日焼けは厳禁

 

 

脱毛前に日焼けは厳禁に関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛をする前に日焼けをするのは絶対にやめましょう。

 

脱毛サロンや医療クリニックの脱毛は黒い部分に反応して毛乳頭を焼いて細胞分裂を止めて脱毛を行うので、日焼けをした黒い肌は肌そのものにメラニン色素が含まれているためやけどを起こしてしまう可能性があるからなんです。

 

ほとんどの脱毛サロンや医療クリニックでは日焼けをした人の脱毛はしないと規約にかいてあるので、日焼けが元に戻るまで脱毛サロンや医療クリニックでは脱毛ができなくなってしまうので注意が必要です。

 

そのため、脱毛する前に日焼けしないように注意をしましょう!

 

 

脱毛サロンなどで脱毛をしている時期には、

 

・日傘で紫外線を避ける
・脱毛部位を隠せるような服装をする
・日焼け止めをしっかりと塗る

 

など、日焼けをしない工夫をしっかりとすることがお肌にも大事ですし、脱毛をいつまでに終わらせたいとというスケージュールがある方はスケジュール通り脱毛を終わらせるためにも日焼け対策はとても重要です。

 

 

 

1-2.毛抜きやワックスでムダ毛の処理はしない

 

 

毛抜きやワックスでムダ毛の処理はしないに関して詳しく説明している画像

 

脱毛前に毛抜きやワックスでの処理は絶対にやめましょう。

 

脱毛は脱毛器による光やレーザーを毛根に当ててそれを焼き切ることで脱毛を行いますが、脱毛前に毛抜きやワックスで毛を抜いてしまうと光やレーザーを当てる毛根がなくなってしまうので脱毛の効果がなくなってしまい無駄になってしまいます。

 

また、毛抜きやワックスはムダ毛処理の中でも肌へのダメージが一番強い処理方法になるので、脱毛前に毛抜きを使い脱毛サロンでの脱毛で2重のダメージで肌トラブルがおきやすいので注意が必要になります。

 

そのため、脱毛サロンでの脱毛前には毛抜きでのムダ毛処理は辞めましょう!

 

 

(参考)
毛抜きを使った自己処理によるメリット、デメリット

 

 

 

1-3.脱毛に行く前にムダ毛の処理はしておく

 

 

脱毛に行く前にムダ毛の処理はしておくに関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛サロンに行く前にカミソリでムダ毛の処理をしておきましょう。

 

脱毛サロンのフラッシュ脱毛は毛をカミソリで剃ってから脱毛を行わないと脱毛の効果がないので、脱毛サロンに行く前に自分で剃っていかないと1,500円のシェービング費用を余計に取られてしまうので非常にもったいないんです。

 

カミソリで剃るために1,500円も取る脱毛サロンもどうなのかと思いますが、脱毛の効果を発揮するためにはムダ毛の処理をしないといけないので事前に家で剃っていくようにしましょう。

 

無駄な出費がでないように脱毛前に脱毛部位を剃っていきましょう!

 

 

 

1-4.体調と肌の調子が悪い時は避ける

 

 

体調と肌の調子が悪い時は避けるに関して詳しく説明している画像

 

 

体調と肌の調子が悪い時はできるだけ脱毛をするのは避けましょう。

 

脱毛サロンでのフラッシュ脱毛は医療クリニックのレーザー脱毛に比べて出力が弱いので肌への影響はそこまでではないのですが、それでも体調や肌の状態によってはかゆみや赤くはれてしまうなどの肌トラブルが起きる可能性があります。

 

脱毛では毛根にもダメージを与えるのですが肌へのダメージもけっこうあるので、肌の状態や体調が悪い時の脱毛は慎重に決めた方が肌トラブルの原因になりにくいんです。

 

そのため、体調や肌の状態が悪いなと思ったら脱毛はできるだけ避けてください!

 

 

 

1-5.服薬している場合には事前に相談を

 

 

服薬している場合には事前に相談をに関して詳しく説明している画像

 

 

服薬している場合には事前に相談をするようにするのが安心です。

 

薬には副作用を生じるものがあり、特にホルモンバランスを整える薬を飲んでいる人は要注意です。ホルモン関係の薬を服用している時、全身脱毛をするとお肌に刺激を与えてしまうことになり、肌トラブルを起こす危険性が高くなります。

 

一般的な頭痛薬や風邪薬、胃薬などはほとんど問題ないのですが、ホルモン薬など肌へ影響が出やすい薬を飲んでいる人は飲んでいる間、脱毛をすることによって肌荒れなどトラブルの原因になる可能性があるので注意が必要です。

 

さらに、かゆみ止めなどの塗り薬、制汗スプレーなどは毛穴に薬剤がつまってしまい、脱毛効果がしっかりと伝わらない恐れがあるので脱毛前には使用を避けたり、予防接種を受けた直後では脱毛の影響で効果がなくなってしまったりするので、注射後の10日は脱毛できないサロンもあります。

 

ホルモン薬など肌へ影響がある薬を飲んでいるときには脱毛は注意しましょう!

 

 

 

1-6.脱毛前の体温上昇と汗に注意

 

 

体温上昇と汗に注意

 

 

脱毛前にはスポーツ、飲酒、シャワー以外の入浴は避けましょう。

 

脱毛前にはスポーツ、飲酒、シャワー以外の入浴(バスタブにつかる、岩盤浴、サウナなど)は避けなければいけません。体温が上昇したまま脱毛してしまうと脱毛によって受けた熱が体の外に発散しにくくなって、肌の赤みが出たり、肌あれなどのトラブルが起きやすくなります。

 

また、体温が上がり汗をかくと脱毛による肌への負担からあせもができやすくなったり、汗の中に含まれる成分によって肌についた雑菌が繁殖しやすくなり、それが脱毛でダメージを受けた肌に悪影響を与えるので、炎症などを引き起こすことがあります。

 

体温上昇と汗によって脱毛による肌トラブルがおきやすなります!

 

 

 

1-7.サロンに行く前の格好に注意

 

 

サロンに行く前の格好に注意

 

 

お化粧や香水、服装に注意しましょう。

 

さきほどの塗り薬などと同じように、お化粧や香水は毛穴をつまらせる原因となり、脱毛効果が下がってしまいます。そのため顔脱毛ではサロンについたらお化粧を落とす必要がありますが、ワキ、ヒザ下だけといった場合にはお化粧をしていても問題ありません。

 

また、服装に関してもヒザ下脱毛なのにデニムなどをはいていくとサロンについてから専用のガウンなどに着替えなくてはいけないので、脱毛範囲によってはサロンに行くときの服装を工夫することをおすすめします。

 

脱毛する部位によってはお化粧や服装に注意する必要があります!

 

 

 

1-8.妊娠がわかったらすぐに相談を

 

 

妊婦さんの脱毛は注意が必要に関して詳しく説明している画像

 

 

妊娠している人は基本的に脱毛サロンで脱毛はできません。

 

脱毛サロンや医療クリニックのフラッシュ脱毛とレーザー脱毛を利用して赤ちゃんに被害が出ることはありえませんが、妊婦さんへの痛みなどによる精神的なストレスを考えて脱毛サロンや医療クリニックでは脱毛ができないようになっています。

 

また、妊婦さんが出産近くになってしまって脱毛を行って何かあった場合に脱毛サロンでは当然のように対応はできませんし、医療クリニックでも対応できないことも多いので妊婦さんの脱毛はできないようになっています。

 

そのため、妊娠したなと思ったら脱毛の中断の申し入れをしましょう!

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

全身脱毛京都に関する画像

 【どこがおすすめ?】京都で人気の格安な全身脱毛サロン

 

全身脱毛をどこで選んだらいいのかわからない方必見。全身脱毛でおすすめのサロンを公開中