【家庭用脱毛器の選び方】注意したい4つのポイント

全身脱毛京都ZK00

家庭用脱毛器を選ぶ時に注意しておきたい4つのポイント

 

家庭用脱毛器を選ぶ時に注意しておきたい4つのポイントに関する画像

 

1.家庭用脱毛器を選ぶときに注意すべきことは多い

 

『どの脱毛器を選んだら良いんだろう?』
『本当に脱毛効果あるのかな?』

 

脱毛サロンやクリニックに行く時間がないから家庭用脱毛器で脱毛しようとする方は意外と多いです。しかし、脱毛器も種類が多くで実際にどんな基準で選んだら良いのかわからないという方は多いと思います。

 

・家庭用脱毛器を選ぶ基準は?
・脱毛器で注意したいポイントは?
・どんな脱毛器を選べば良いのか?

 

脱毛器を選ぶときに注意したいポイントおすすめの脱毛器をご紹介します!

 

 

1-1.家庭用脱毛器の照射範囲を確認

 

 

家庭用脱毛器を選ぶときに重要なのが脱毛の照射範囲です。

 

家庭用脱毛器は種類によって照射できる範囲が違います。そのため、家庭用脱毛器を選ぶときには脱毛の照射範囲ができるだけ広い機種を選ぶと短時間で脱毛をすることができます。

 

ワキやVラインなどの狭い範囲を脱毛するのならばそこまで問題はないのですが、膝下や腕などの広い範囲の脱毛しようと思った時に脱毛の時間にして30分以上も変わってきてしまいます。

 

そのため、家庭用脱毛器を選ぶときには脱毛の範囲は必ず確認が必要です!

 

 

 

1-2.脱毛方式の違いに注意

 

 

家庭用脱毛器には2種類の脱毛方式があります。

 

家庭用脱毛器には『フラッシュ脱毛方式』、『レーザー脱毛方式』と言う2種類の脱毛方式があります。そして、今現在出ている家庭用脱毛器のほとんどはフラッシュ脱毛方式ですが、レーザー脱毛方式はフラッシュ脱毛方式に比べて脱毛効果が高く、脱毛効果だけを考えるのならレーザー家庭用脱毛器がおすすめです。

 

ただし、レーザー脱毛方式にも以下のようなデメリットがあり、フラッシュ脱毛方式とそれぞれの特徴を比較すると、

 

脱毛方式

脱毛効果

肌への影響

レーザー

負担が大きく痛みが出やすい

フラッシュ

負担が少なく痛みが出にくい

 

 

このようにフラッシュ脱毛方式の家庭用脱毛器であっても、脱毛効果が決して低いわけではありません。レーザー脱毛方式とフラッシュ脱毛方式にはそれぞれメリット、デメリットがあるので、それらをしっかりと理解した上で購入、使用することが大切です。

 

脱毛器によってフラッシュ・レーザーと違うので確認しておきましょう!

 

 

 

1-3.消耗品のコスパはどうか

 

 

家庭用脱毛器本体の料金も大事ですが消耗品のコスパもとても大事です。

 

家庭用脱毛器は本体以外に消耗品であるカートリッジが脱毛をするときには必要になってきます。カートリッジは脱毛の照射回数に限度があるので各脱毛サロンによってランニングコストが大きく変わってくるので事前に調査がとても大事です。

 

家庭用家庭用脱毛器の中には本体価格はかなり安いにも関わらず、カートリッジの寿命が短く、頻繁に買い替えていたらすごい金額になったなんて話もあるのでホームページでしっかりと確認が必要です。もし、書いてなければ購入はしない方が良いでしょう。

 

消耗品のコスパはどうなのかをHPでしっかりと確認が必要です!

 

 

 

1-4.家庭用脱毛器の出力に注意

 

 

出力の低い家庭用脱毛器を選ぶと脱毛効果がなかなか表れません。

 

家庭用脱毛器の出力が弱いと脱毛効果がなかなか現れないため、

 

・ 脱毛が進まない
・ 脱毛期間が延びる

 

このようなデメリットが出てきてしまいます。

 

しかし、出力が高いと肌への負担も大きく、敏感肌の人やデリケートゾーンの脱毛には使いにくくなってしまいます。そうしたことがなく肌に余計な負担をかけずにしっかりと脱毛するには、出力調整が何段階にも変えられる家庭用脱毛器を選ぶことも大切です。

 

出力を自在に変更できれば肌への負担や部位に合わせた脱毛ができます!

 

 

 

2.人気の家庭用脱毛器を4つのポイントで比較

 

人気の家庭用脱毛器を4つのポイントで比較に関する画像

 

これまで説明してきたポイントから4機種を比較します。

 

家庭用家庭用脱毛器で人気の『ケノン』『トリア』『ヒカリエピ』『ラヴィ』について1.で紹介した4つのポイントから比較していきたいと思います。

 

 

範囲

種類

コスパ

効果

ケノン

9.25cm2

フラッシュ

・9,800円・23,076発

トリア

1cm2

レーザー

ヒカリエピ

7cm2

フラッシュ

・3,980円・1,500発

ラヴィ

6cm2

フラッシュ

・4,200円・20,000発

 

脱毛効果とコスパを考えるのであれば、脱毛効果が高く、カートリッジが必要なくて本体価格だけで脱毛ができるレーザー脱毛のトリアが一番おすすめです。しかし、デメリットとしては範囲が1cm2という非常に狭い範囲しか脱毛ができないので全身などの広い範囲の脱毛には向いていません。

 

一方で、脱毛範囲やある程度のコスパを考えるのなら、楽天市場でも1位を連続で獲得しているケノンはダントツで人気です。楽天の口コミも非常に良く、脱毛範囲、脱毛効果も高くバランスが一番取れた家庭用脱毛器ということが言えます。

 

家庭用脱毛器を選ぶポイントとしては、ひげやワキなど狭い範囲を確実に脱毛をしたいならトリアがおすすめです。しかし、膝下、腕など広い範囲を脱毛効果が少し弱くても広い範囲の脱毛をしたい場合にはケノンがおすすめです。

 

自分が脱毛したい範囲や効果によっても選択する家庭用脱毛器は変わってくるので、自分はどんな脱毛がしたいのかを家庭用脱毛器を選ぶ前に確認しておきましょう。

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

全身脱毛京都に関する画像

 【どこがおすすめ?】京都で人気の格安な全身脱毛サロン

 

家庭用脱毛器もいいけどムダ毛をしっかり脱毛するならやっぱりサロン?京都のおすすめ全身脱毛サロンは?

 

 

 

【家庭用脱毛器の選び方】注意したい4つのポイント│全身脱毛京都ZK00記事一覧

1.脱毛器とサロンの脱毛効果を比較『脱毛器とサロンはどっち選んだら良いの?』『脱毛器って効果あるのかな?』脱毛サロンに行くのが面倒だし脱毛器にしようかなと考えているかたももしかしたらいるかもしれません。最近は男性もムダ毛が嫌で脱毛器を買っている方も多くなっています。そこで、脱毛器を買おうか迷っている時に気になるのが、・脱毛効果ってサロンと比較してどうなのか?・比較して値段はどのくらい違うのか?・何...

1.脱毛器トリアの効果は期待できる?『トリアって脱毛効果はないの?』『トリアで本当に脱毛できるのかな?』家庭用脱毛器で人気のある『トリア』ですが、ネットの口コミやtwitterなどを確認すると『脱毛効果が高い』という口コミや『脱毛効果がなし』という口コミがあってどちらを信じて良いのか迷ってしまうという方も多いと思います。・トリアは本当に脱毛効果があるのか?・どのくらいの期間で効果が出てくるのか?・...

1.脱毛器を利用の前に注意したい5つのポイント今サロンやエステに通わなくても自宅で簡単に脱毛ができちゃう時代ですよね。しかし、そんな家庭で使える脱毛器ですが使い方を誤るとお肌のトラブルの原因にも。脱毛器は簡単に脱毛できるのですが、脱毛をする前に注意しなければならない事があります。ここをしっかりと理解しておかないと後から後悔することにもつながるので注意しましょう。それは肌の状態、毛の状態、また脱毛後...