【脱毛器の注意点】効果的に脱毛するための7つのポイント

全身脱毛京都ZK00

脱毛器を使う時に注意したいポイント

 

脱毛器を利用する前の注意点に関して詳しく説明している画像

 

1.脱毛器を利用の前に注意したい5つのポイント

 

今サロンやエステに通わなくても自宅で簡単に脱毛ができちゃう時代ですよね。

 

しかし、そんな家庭で使える脱毛器ですが使い方を誤るとお肌のトラブルの原因にも。脱毛器は簡単に脱毛できるのですが、脱毛をする前に注意しなければならない事があります。ここをしっかりと理解しておかないと後から後悔することにもつながるので注意しましょう。

 

それは肌の状態、毛の状態、また脱毛後に肌を保護しなければならないものをしっかりしっておくことなど、いろいろ注意しなければならない点もあるので要注意して使用してください。

 

そこで、脱毛器を利用する前に注意したい5つのポイントをご紹介します!

 

 

1-1.説明書の確認はしっかりと

 

 

脱毛器の利用前には説明書はしっかりと読みましょう。

 

脱毛器はある程度年齢が達していれば安全に利用することができるように作られていますが、脱毛器を利用する前には説明書などに注意点は書いてありますのでしっかり読んでから使用してください。

 

脱毛器には使ってはいけない部位(VIOや顔)や脱毛後に注意しなければいけない注意書きなど詳しく書いてあるので、すぐに使いたい気持ちもわかりますがまずは説明書はしっかりと読んで確認しておくことが大切です。

 

脱毛器を利用する前には説明書をしっかりと読んでおきましょう!

 

 

 

1-2.サングラスをかけて目の保護を

 

 

サングラスをかけて目の保護をに関して詳しく説明している画像

 

 

脱毛器を使うときにはサングラスを付けて目の保護をしましょう。

 

家庭用脱毛器は脱毛をするたびにフラッシュの光を照射するので1回、2回なら問題はないのですが、何回も脱毛の光を見るうちに目に負担がかかり疲れや頭痛になったりするため脱毛の時にサングラスをするのを忘れないようにしましょう。

 

さらに、脱毛器は黒い部分に反応して脱毛を行っていくので、万が一目に照射した場合には失明をしてしまう可能性もあるため、サングラスをして目を守るようにしてください。

 

脱毛器で脱毛をするときにはサングラスを忘れないようにしましょう!

 

 

 

1-3.肌を冷やしてから脱毛をする

 

 

肌を冷やしてから脱毛をするに関して詳しく説明している画像

 

 

肌を冷やしてから脱毛をすると痛みが和らぎます。

 

家庭用脱毛器は安全に使うことができるように作られているので脱毛をしてもそこまで痛みはないのですが、部位によっては脱毛で痛みがでるため事前に冷やししてから脱毛を行うと痛みが少ないのでお勧めです。

 

また、脱毛の後は肌が火照っていたり、炎症を起こしているケースがあります。その炎症や赤み、かゆみを抑えるためにも脱毛器での脱毛後は保冷剤を使って冷やすと肌にも良いので効果的です。

 

肌を冷やしてから脱毛を行うと痛みがやわらげられます!

 

 

 

1-4.肌が荒れているときには脱毛をしない

 

 

肌が荒れているときには脱毛をしないに関して詳しく説明している画像

 

 

肌が荒れているときには脱毛をするのを避けましょう。

 

肌があれた状態で使用するのはなるべくしないよう注意してください。肌が荒れているときは肌が敏感で家庭用脱毛器の少しのダメージでも肌荒れやシミの原因にもなるので肌荒れの時期は注意が必要です。

 

肌が荒れていたり、肌トラうブルがある場合には脱毛サロンでの脱毛も断られるケースがあります。そのため、出力が弱い家庭用脱毛器でも肌が荒れている時の脱毛はおススメできません。

 

そのため、肌が荒れているときにはトラブルを避けるために脱毛は辞めましょう!

 

 

(参考)
生理の時の脱毛の注意点!サロンによって違う取り扱い

 

 

 

1-5.日焼けをしているときには要注意

 

 

日焼けをしているときには要注意に関して詳しく説明している画像

 

 

日焼けをしているときの脱毛器での脱毛は要注意です。

 

脱毛器の脱毛方法であるフラッシュ脱毛・レーザー脱毛は黒い色素に反応して毛根を焼き切ることで脱毛を行います。そのため、日焼けをして肌が黒くなると肌までフラッシュやレーザーが反応してやけどのような状態になってしまう危険性があります。

 

また、日焼けをしている状態の肌は紫外線によってダメージをかなり受けているので、脱毛でさらにダメージを受けてしまうと肌荒れやシミなどの大きな原因になるので日焼けをしている場合の脱毛は絶対にやめてください。

 

日焼けをしている時の脱毛は肌をかなり痛めるので絶対にやめてください!

 

 

(参考)
【脱毛前に確認したい8つの注意点】サロンに行く前に要チェック

 

 

 

2.脱毛器を利用の後に注意したい2つのポイント

 

脱毛器を利用の後に注意したい2つのポイントに関して詳しく説明している画像

 

2-1.脱毛後は保湿をしっかりと

 

 

脱毛後はいつも以上に保湿をするようにしてください。

 

出力の弱い脱毛器であっても肌はダメージを受けてバリア機能が低下して乾燥しやすくなります。そのため、肌をダメージから早く回復させ、乾燥を防ぐためにも脱毛後2,3日間は『化粧水』『乳液』『パック』をするなどいつも以上に保湿をするのが大切です。

 

保湿をして肌の回復、乾燥を防がないと肌荒れやニキビような毛嚢炎などの肌トラブルが起きやすくなります。肌のバリア機能は日焼けを防ぐ役割もあるので保湿をしてできるだけ早く肌が回復させてください。

 

脱毛後の肌トラブルを防ぐためにも2,3日間は保湿をしっかりとしてください!

 

 

(参考)
【脱毛後に確認したい8つの注意点】脱毛が終わったら要チェック

 

 

 

2-2.スケジュールを組んで脱毛をする

 

 

スケジュールを組んで脱毛をするに関して詳しく説明している画像

 

 

広い範囲の脱毛をするときにはスケジュールを組むのをおすすめします。

 

家庭用脱毛器は自分で全てをやらなければいけないので面倒くさくなりがちです。そのため、1回で全ての部位をやろうとは思わず、1週間〜2週間でやりたい脱毛の部位が終わるようにスケジュールを組むと毎日10分くらいで終わるのでおすすめです。

 

例えば、『月曜日はワキ脱毛』『火曜日は右の膝下』『水曜日は左の膝下』というように部位によって分けると1回の時間を短くすることができます。これを習慣化すれば脱毛器の脱毛が面倒くさくならずにできます。

 

脱毛が面倒にならないために脱毛のスケジュールを組んで習慣にしてしまいましょう!

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

全身脱毛京都に関する画像

 【どこがおすすめ?】京都で人気の格安な全身脱毛サロン

 

全身脱毛のサロンを選ぶときにどこがお勧めなのか?料金、予約など色々な面から徹底比較しています。