毛抜きを使った自己処理によるメリット、デメリット

全身脱毛京都ZK00

毛抜きを使った自己処理によるメリット、デメリット

 

毛抜きを使った自己処理によるメリット、デメリットに関する画像

 

1.毛抜きによる自己処理のメリット

 

1-1.費用を安くすませることができる

 

 

毛抜き1本あればいつでもムダ毛の自己処理ができます。

 

毛抜き1本の値段は数100円から高いもので1000円くらい。しかも、カミソリでの自己処理と違い、ジェルやローションといったものを用意する必要はないので費用はほとんどかからない魅力があります。

 

カミソリの値段も毛抜きと同じくらいですが、他にも用意しなければならないものがあることを考えると、毛抜き1本あれば処理ができてしまうのはお財布に優しく助かりますよね。

 

手軽にお金をかけずにムダ毛を処理することができます。

 

 

 

1-2.きちんと抜くと効果が長く続く

 

 

きちんと抜くと効果が長く続くに関する画像

 

 

ムダ毛を毛根から抜いてしまえば次のムダ毛はしばらくはえてきません。

 

自己処理ではムダ毛を毛根から処理することによって、自己処理を行う頻度を少なくすることができます。そのため、毛根またはその近くから処理できる毛抜きなら自己処理の効果が長続きします。

 

一方で、カミソリを使って自己処理をした場合には処理できるのは皮膚の表面に出ているムダ毛だけなので、毎日のように自己処理をする必要があります。

 

毛抜きを使えばムダ毛処理を行う頻度も少なくなります!

 

 

 

1-3.自己処理を行う場所を選ばない

 

 

自己処理を行う場所を選ばないに関する画像

 

 

毛抜きが1本だけあればどこでもムダ毛処理ができます。

 

毛抜きを使った自己処理では水を使ったり、ジェルやクリームを使うわけではないので洗い流したりする必要はありません。そのため、部屋が汚れないなど、どこでもムダ毛処理を行うことができます。

 

しかし、カミソリや除毛クリームを使って自己処理を行った場合には洗い流したりする必要があるので洗面所かお風呂場に限られてしまいます。また、除毛クリームを使うと嫌な臭いが発生することもあるので、自分の部屋では使いにくく、換気ができるお風呂場などに限られてしまいます。

 

毛抜きを使った自己処理では洗い流したりする必要がなくどこでも行えます!

 

 

 

2.毛抜きによる自己処理のデメリット

 

毛抜きによる自己処理のデメリットに関する画像

 

 

毛抜きを使ったムダ毛処理のメリットをあげてきましたが、ここからはデメリットをあげていきます。

 

毛抜きの処理では注意しないとであなたも肌にトラブルを抱えてしまうかも・・・しっかと読んでそのようなことのないようにしてくださいね。

 

 

2-1.処理に時間がかかる

 

 

毛抜きでの処理には時間がかかってしまいます。

 

カミソリや除毛クリームは広い範囲のムダ毛を一気に処理することができるので簡単にできるのに対して、毛抜きは1本1本抜いていくためにどうしてもムダ毛の処理に時間がかかってしまいます。

 

ムダ毛を処理する時間は少なければ少ない方がいいので、時間があるとき以外は毛抜きを使わない方がよさそうです。それにムダ毛を掴まなければならないため手の届きにくいところは処理しにくい欠点があります。

 

毛抜きはムダ毛処理に時間がかかってしまう欠点があります。

 

 

(参考)
除毛クリームを使用したムダ毛処理の注意点

 

 

 

2-2.埋没毛ができてしまう可能性も

 

 

埋没毛ができてしまう可能性もに関する画像

 

 

毛根から抜けきれなかったムダ毛が埋没毛になってしまうおそれがあります。

 

ムダ毛処理を繰り返していると皮膚が硬くなってしまい、毛穴が塞がってムダ毛が皮膚の中で伸びてしまう『埋没毛』ができてしまうことがあります。そして、毛抜きを使った自己処理では毛根から抜けずに途中で切れてしまったムダ毛が埋没毛になりやすいんです。

 

また、埋没毛は見た目にもわかりやすいので、まるでムダ毛生えているように見えてしまいます。さらに、このような埋没毛をきれいに治すには皮膚科に行って治療してもらわないといけません。

 

毛抜きでの処理は埋没毛になる可能性が高いので注意が必要です!

 

 

 

2-3.肌へのダメージが強い

 

 

肌へのダメージが強いに関する画像

 

 

肌へのダメージがトラブルを引き起こすことがあります。

 

毛抜きはムダ毛を掴んで処理するため、肌に負担がかかりさらに毛穴には確実にダメージが残ってしまいます。そのため、毛が切れてしまって起きる埋没毛はもちろん、色素沈着、毛穴の黒ずみなどのトラブルを引き起こします。

 

色素沈着とはムダ毛を抜くということにより毛穴が刺激されて、メラニン色素が生成され、シミや黒ずみのようなものができてしまうことを言います。また毛穴の黒ずみもムダ毛を抜いたことによって毛穴が広がったままの状態になり、そこに皮脂や、肌の汚れが入り込んでやがて毛穴に黒い角栓がたまることでそのように見えるのです。

 

毛抜きを使うと様々なトラブルの危険性があります!

 

 

(参考)
【脱毛後に確認したい8つの注意点】脱毛が終わったら要チェック

 

 

 

2-4.毛抜きでの処理は眉毛などに限定する

 

 

毛抜きでのムダ毛の処理は眉毛など皮膚の硬い部分に限定することが大事です。

 

毛抜きでの処理をほほなど皮膚が柔らかい部分でしてしまうと埋没毛などの原因になります。毛抜きでの処理は皮膚の硬い眉毛などの部分では副作用が起きにくいので皮膚の硬い部分に限定するのがおすすめです。

 

しかし、皮膚の硬い部分であっても毛抜きによるダメージはあるので、

 

@ お風呂で皮膚を柔らかくする
A 皮膚の硬い部分だけ使う
B 毛抜きで抜いたら保湿をしっかり

 

最低限この3つのポイントを守るようにしてください。

 

毛抜きでの処理はダメージが強いので皮膚の硬い部分だけで使うようにしましょう!

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

全身脱毛梅田に関する画像

 梅田の全身脱毛おすすめランキング公開中

 

全身脱毛のサロンを選ぶときにどこがお勧めなのか?料金、予約など色々な面から徹底比較しています。