【どのサロンが予約取りやすい】人気の全身脱毛サロンを徹底比較

全身脱毛京都ZK00

全身脱毛の予約の取りやすさで徹底比較

 

全身脱毛の予約の取りやすさで徹底比較に関して詳しく説明している画像

 

1.予約方法など6つの点で予約の取りやすさを比較

 

エステサロン選びと言うと『料金』、『効果』、『期間』を思い浮かべる人も多いかもしれませんが、意外と大切なのは『予約の取りやすさ』です。どんなに安くて脱毛効果があっても実際に通えなければ意味がありませんし、期間に関しては予約が取れなければどんどん長くなってしまいます。

 

ここでは予約方法、来店回数など6つの点からサロンごとの予約の取りやすさを比較します。

 

 

1-1.予約方法で比較

 

 

予約方法は多いほど予約の機会を逃さずに通えます。

 

サロンの予約は大きく分けて『電話』、『店舗』、『web』と3種類の方法があります。特に大切なのがweb予約ができるかどうかで、webなら24時間いつでも店舗の空き状況をチェックできるだけでなく、最近では予約アプリのあるサロンも出てきました。

 

その予約アプリがあるのは『ミュゼ』と『シースリー』です。これらのサロンでは店舗の空き状況を自分で調べなくても、メールや画面表示で知らせてくれるので、他のサロンより予約の機会を逃さず、効率的に予約を取って通えます。

 

ミュゼとシースリーなら予約アプリのお陰で予約の機会を逃しにくくなります!

 

 

電話

店舗

web

予約アプリ

キレイモ

銀座カラー

ミュゼ

シースリー

脱毛ラボ

 

 

 

1-2.来店回数の少なさで比較

 

 

来店回数の少なさで比較に関する画像

 

 

『来店回数=予約が必要な回数』なので、来店回数少ないほど予約が取りやすくなります。

 

全身脱毛の場合は脱毛範囲が広くて部位も多いことから、2回〜4回の来店に分けて施術するサロンもあります。しかし、中には1回の来店で全身を施術してくれるサロンもあるので、来店回数が少なければ通う頻度も少なくなるので自分の都合とサロンの空き状況を合わせやすくなり、予約も取りやすくなります。

 

全身脱毛1回が来店1回でできるのは『キレイモ』、『銀座カラー』、『ミュゼ』、『シースリー』、『脱毛ラボ』です。ただし、コースやプランによっては全身脱毛1回には複数回の来店が必要になっっている場合があるので注意しましょう。

 

 

全身脱毛1回
の来店回数

1回の来店で
できるコース

キレイモ

1回

月額制・パックプラン

銀座カラー

1回

全身脱毛の全てのコース

ミュゼ

1回

全身脱毛の全てのコース

シースリー

1回

全身脱毛の全てのコース

脱毛ラボ

1回

スピード全身脱毛パック

12回

月額制

 

 

 

1-3.全身脱毛1回にかかる施術時間で比較

 

 

全身脱毛1回にかかる施術時間に関する画像

 

 

施術時間が短ければ予約に関して2つのメリットがあります。

 

ワキなどの部分脱毛では施術する範囲が狭いのでサロンごとの差はほとんどありませんが、全身脱毛となるとサロンによって差があり、45分程度で終るところもあれば90分かかるところもあります。

 

施術時間が短ければサロンとしても1日に多くの予約を受け付けることができますし、通う側にとっては今までは2時間くらい店舗に空きがないと予約を受け付けてもらえなかったのに、今ではちょっとした空きでも全身脱毛の予約を受け付けえてもらえるので、予約が取りやすくなってきました。

 

施術時間が短くなったサロンは多くの予約を受け付けてもらえて予約が取りやすくなります!

 

 

来店ごとの施術時間

キレイモ

60分〜90分

銀座カラー

60分〜80分

ミュゼ

60分〜90分

シースリー

45分〜60分

脱毛ラボ

60分〜90分

 

 

 

1-4.店舗移動のしやすさで比較

 

 

店舗移動のしやすさに関する画像

 

 

店舗数が多ければ店舗移動もしやすくなります。

 

これまでに出てきた6つのサロンではいつも通っている店舗が混雑して予約が取れない場合には他の店舗で予約を取って脱毛ができる『店舗移動』という制度を用意しています。ただし、店舗移動は店舗数が少ないと、どこの店舗も混んでいたり、遠くにしか店舗がなかったりと、通うのが大変になってしまいます。

 

さらに店舗移動では注意点があり、各サロンの店舗数といっしょに見てみると、

 

店舗数

店舗移動の注意点

キレイモ

41店舗

銀座カラー

42店舗

ミュゼ

185店舗

シースリー

43店舗

脱毛ラボ

55店舗

1回1,000円

 

 

このよう脱毛ラボでは店舗移動をするときには注意が必要で、ミュゼでは店舗数が他のサロンと比較して圧倒的に多いのですが、会員数までもキレイモ、銀座カラーの10倍と多いので、店舗移動ができたとしても結局は予約が取りにくい可能性があります。

 

店舗数が多くても会員数が多ければ店舗移動の効果は薄れてしまいます!

 

 

 

1-5.ひとつの店舗あたりのベッド数で比較

 

 

ひとつの店舗あたりのベッド数に関する画像

 

 

店舗数がどれだけ多くてもベッド数が少なくては意味がありません。

 

さきほどのように店舗数は店舗移動のしやすさに繋がるので、予約の取りやすさを計る上では大切な要素ですが、店舗数がどれだけ多くてもベッド数が少なくては意味がありません。

 

そこで、各サロンのベッド数(平均)を見てみると、

 

ベッド数(平均)

キレイモ

6台

銀座カラー

8台

ミュゼ

7台

シースリー

5台

脱毛ラボ

4台

 

 

このようになっていて、銀座カラー、ミュゼのベッド数が多くなっていて、特に銀座カラーでは銀座本店のベッド数が28台、新宿南口店では15台と、混雑しやすい都心の店舗のベッド数が圧倒的に多くなっています。

 

ベッド数では銀座カラー、ミュゼが他のサロンよりも特に多くなっています!

 

 

 

1-6.営業時間と定休日で比較

 

 

営業時間と定休日に関する画像

 

 

シースリー以外では年末年始以外の定休日はありません。

 

営業時間が長ければそれだけ多くの予約を受け付けることができるのはもちろん、夜遅くまで営業していれば仕事終わりでも予約を取って通えるなどのメリットがあります。

 

また、定休日があるかどうかも予約の面では重要なので、各サロンの営業時間と年末年始以外の定休日をまとめると、

 

営業時間

定休日(年末年始以外)

キレイモ

11時〜21時

銀座カラー

平日12時〜21時
土日祝10時〜19時

ミュゼ

10時〜20時

シースリー

12時〜21時

毎週水曜・第2火曜

脱毛ラボ

10時〜22時

 

 

店舗がデパートなどの商業施設に入っている場合はその施設の営業時間や定休日に合わせるかたちにはなりますが、シースリーでは全店が毎週水曜、第2火曜が定休日になるので、平日休みやシフト勤務の人でシースリーに通おうと思っている人は注意しましょう。

 

年末年始以外ではシースリーだけ定休日があるので予約が取りにくくなっています!

 

 

 

2.予約に影響を与える『変更期限』と『生理中の脱毛』で比較

 

予約に影響を与える『変更期限』と『生理中の脱毛』で比較

 

 

せっかく頑張って予約を取っても『急な予定が入りそう』などと言う場合には予約の変更ができればキャンセルすることなく通えますし、『予約日に生理が来てしまった』と言う場合でも、キャンセルする必要がなければ予約が無駄にならずにすみます。

 

ここではせっかく取った予約が無駄にならないサロンはどこなのかを比較していきます。

 

 

 

2-1.予約変更のしやすさで比較

 

 

キャンセル料金も合わせて考えていきます。

 

サロンによって予約の変更期限には差があり、変更期限を過ぎるとキャンセル料が発生してしまうサロンがあります。このようなことが起こりにくいのはミュゼで、ミュゼなら予約変更の期限もなく、無断キャンセルになってしまった場合にもキャンセル料は一切かかりません。

 

一方で注意したいのが、

 

・キレイモ(月額制):予約の変更は3日間前まで
・脱毛ラボ:予約変更が2日前21時半までと厳しい
・シースリー:無断キャンセル3,000円と他より高い

 

ただし、キレイモの場合はパックプランにすれば予約の変更は予約前日まで可能で、無断キャンセルした場合にもキャンセル料はかかりません。

 

ミュゼなら予約変更もしやすくキャンセル料もかかりません!

 

 

予約の変更期限

当日キャンセル

無断キャンセル

キレイモ

予約前日の21時

なし

なし

銀座カラー

予約前日の19時

2,000円

2,000円

ミュゼ

期限なし

なし

なし

シースリー

予約1分前

なし

3,000円

脱毛ラボ

予約前日の21時半

1,000円

1,000円

 

 

 

2-2.生理中の脱毛ができるかで比較

 

 

サロンによっては生理中だと予約をキャンセルしたり変更しなければいけません。

 

全身脱毛の場合は脱毛期間が長いことで生理と予約が重なりやすく、脱毛範囲にも当然VIOが含まれているので生理の影響を受けやすくなっています。特に注意したいのがエタラビ、シースリー、脱毛ラボで、これらのサロンでは生理中は一切の脱毛ができないので予約をキャンセルしなければなりません。

 

また予約当日に生理が来てしまった場合には変更期限が過ぎているサロンがほとんどなので、キャンセル料を支払わなくてはいけませんし、キャンセルの連絡をし忘れてしまった場合は無断キャンセルになってしまうので注意しましょう。

 

エタラビ、シースリー、脱毛ラボでは生理中は予約を取っていてもキャンセルしなければなりません!

 

 

生理中の脱毛

生理中の脱毛範囲

キレイモ

できる

VIO以外

銀座カラー

できる

VIO以外

ミュゼ

できる

VIO以外

シースリー

一切できない

脱毛ラボ

一切できない

 

 

(参考)
生理の時の脱毛の注意点!サロンによって違う取り扱い

 

 

 

2-3.月額制や分割払いで脱毛に通っている人は注意

 

 

脱毛しなかった月も1ヶ月分の料金を支払わないといけません。

 

月額制や料金の支払いを分割払いにしている人は、脱毛しなかった月も1ヶ月分の料金を支払わないといけません。そのため、キャンセルになってしまうと脱毛できないことに加えてお金まで無駄になってしまいます。

 

そのため、脱毛サロンに通うときはこれまで見てきたように、

 

・ 予約が取りやすいかどうか
・ 予約の変更がしやすいかどうか
・ 生理中でも脱毛できるかどうか

 

これらのことをしっかりと確認しておくようにしましょう。

 

月額制や分割払いの人は特に予の取りやすさなどを確認しておきましょう!

 

 

 

<脱毛お役立ちページ>

 

 

全身脱毛京都に関する画像

 【どこがおすすめ?】京都で人気の格安な全身脱毛サロン

 

サロン選びには料金や効果も大切。京都の人気全身脱毛サロンをいっきょに比較